フツウのふ女子

東京32年、普通のふ女子が好きなことをして生きたらどうなるか人生サンプル公開ブログ

多摩に帰ったらやりたいこと

こんにちは!
どこにでもいるフツウのふ女子、きぃこです。
東京近郊30年育ち、1年半くらい広島、岐阜とリゾバで渡り歩いて帰った故郷でやりたいこと。

★東京にもう一度恋、したい

なんじゃそりゃ、って感じですね。
でも、本当にそう思っています。

色んな場所にもう一度いって、遊んでみたいんです。
新鮮な気持ちで、すべての過去を塗り替えていきたい

そして、東京に恋したい。

下呂奥飛騨、松本で、素朴でなにもない緑世界に恋したみたいに。

 

華やかな街で、もう一度、わくわくした気持ちを楽しみたい!

田舎もんみたいでしょ!最高!

 

★年末調整の仕事がしたい

おもしろかったんですよね。一度しかやったことないですけど
短期で。

私、デスクワークとかして、座ってるとエネルギーがたまっちゃうみたいで、つらくなっちゃうので短期で!

 

★自由が丘

なぜか、東京に帰ると決まってから自由が丘に行きたいとふと思い浮かんだんです。
自由が丘には、前に通いたいと思っていた織物教室があるので、それが気になっているのかもしれません。
まだ、なにも考えてませんが
自由が丘に行ってみようと思います。

 

奥飛騨

また、今いるここのリゾバに行きたいと思ってます。
また来ちゃうかも。へへ

★広島

祖父母のいる広島にも行きたいです。
1ヶ月くらいは滞在してもいいと思っています。

 

★きっと東京に帰ったら

また、すぐに飛び出しちゃうんだと思います。
でも今度は、東京が嫌だからとか、今の自分を変えたいとかじゃないです。

もっと自分らしく、自分の行く道を胸張って生きていくため

飛んでいく~

 

基本的に、一つの場所にいるということは苦手だとこの期間で感じました。

 ★語学を学びたい気持ち

先日、英語圏のかたに全然伝わらなくて、やっぱり、言葉で失敗すると
自分を表現することの大切さを感じますね。

 

★とはいえ、会いたい人がたくさんいます

のんびりしつつ、多摩で

もう一度、落ち着いて

 

けど、なにも深刻に考える必要ないと思っています。

自由に、気楽に、自分のしたいことをしていく

 

けど、自分のためだけに時間を使うのが、いいのか悪いのか少し考えていきたいと思ってます。

 

これは、『人生には「まさか」の坂がある』という本を読んで
自分のためじゃなく、どれだけ人のためになることができるかという話題があって
少し考えておかなくちゃいけないなと

人のために このフレーズに少しだけこころが、どきり、としたんです。

 

多摩に帰ったら、この大っ嫌いな多摩という場所で
人のためにできることはなんだろう

それを感じたいです。