フツウのふ

ふふふぎふ

あの時わからなかったこと

2年前旅館で働いていた時に、仲居をしてました。
そのとき、予約さんがめちゃくちゃこわかったんです。

でも、今ホテルのフロント勤務で、予約も受けたり部屋を割り振ったりするようになって、この仕事、すごいストレス!!!
フロントでお客様の予約がなかったり、間違っていたりするとすごい時間も労力もかかりますし、お客様都合であったとしても不穏な空気がながれます。

予約って仕事と、仲居って仕事の大変さは全然違います。
でも予約はお金も関係するし、とにかく調整することが多い仕事です。ミスすると全部に降りかかってきます。

仲居は、正直いらしたお客様をおもてなしするという仕事です。
でもマニュアルがあってその通りにしていればとりあえず合格というラインがありますね。

今思えば、仲居のほうがずっと楽だなと(笑)

そういう意味で、今回ホテルを経験して
予約の仕事の大変さが身に染みてわかるようになりました。

移住についてまとめたい

なんとなく移住についてまとめていきたい気持ちになったので
すこしずつかけるといいなと思って
noteのアカウントを作った!

twitterもアカウント作った。

結構しごともしたり、生活整えて行ったり
バッタバタだから、家ではゲームするか、ゲーム見てるだけの生活なんだけど
少しずつ、なんか別のこともしていきたいなって

やっと思いました。

走りながら考えてたら

立ち止まる暇なくなってた!!!
ブログで少し振り返りたいです。

 

kiiko.hateblo.jp

 

とにかく、きて1ヶ月経ちました。
ここまできて、慣れてきたのに、引っ越しとなりまして

まぁ、念願の一人暮らしだからうれしいんですけれど
でも、私としては結構突然で、環境の変化がありすぎて
正直つらいです。

 

そして、部署も異動します。
変化というものは重なるときは重なるってことですね。

なので、走りながら考えるどころか、ずっと走り続けてるけど
これ、いったいどこで止まるの?!!って感じでした、はい。

 

はやく落ち着けるようになりたいですね。

 

お金より時間を優先する

ちょっとうっかりしてたら、お金がやばかった笑
やらかしたと思ってどうしようか考えてひとまず大丈夫だったけど。

でも、時間とか自分のしたいことのほうが大切なんだって思うようになった。

 

なんか、このニュースがテレビでやってるのみて

www.oricon.co.jp

津川さんが事業で失敗して6億の借金をしたとき、朝丘さんが実家を手放したということがあったそうで
「借金で妻の財産を手放させたことが一番残念な思い出です。」

っていうのを聞いて

なんか、なんつうか。残念な思い出も、この人にとって大事な思い出になってるんだろうなっいう。
生きてれば、いいことばっかりじゃないっていうか、連れ添ったからこそ、言えるような言葉だなってしみじみと感じていました。

 

最後に、残るのって、思い出だけなんじゃないのかなって最近は思ってて。

 

www.oricon.co.jp

そして、こちら。

これもびっくりした。

自分のやりたいことやったんだろうと思うけど、きっと批判もいろいろあったと思うんだよね~
自分には理解できないからさ。
少しだけ有名になったころくらいから気になってすこ~し気にかけてたけど
凍傷で指を失ったあたりから自分には理解できない世界に突入していったかな。

私は、絵を描いたり、パンを作ったりするからかな。
指を失うとなんかなんにもできない気がしちゃう。

でもきっと、好きだったらそれを乗り越える方法を見出すんだろうけど・・・

 

栗城くんが山で最期を迎えるのはきっと本望だろうなって思ったとき

自分は、どんな最期がいいかなって想像した。

 

最期は、世界一楽しい家族作りたいって思った。

ミニオンの映画みたいに血がつながってなくてもつながってても
大爆笑、大乱闘、大騒ぎ、わっけわかんない感動みたいな感じで
楽しいやつ。

ああいうふざけた感じいい

あの世にはこういう思い出持っていきたい。

わたしのしたかった暮らし

f:id:Kiiko:20180518143006p:plain

休みの日には、散歩にでかける。
地産のかぶとさやえんどう  そしてお花を買う

のんびり河川敷

f:id:Kiiko:20180518143129p:plain

 

ゆっくりと花瓶にお花をさして
お味噌汁とごはん

 

しあわせな時間

 

これこれ。こういう暮らしがしたかった。