読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フツウのふ女子

東京30年、普通のふ女子が好きなことをして生きたらどうなるか人生サンプル公開ブログ

東京タラレバ娘のドラマをいまさら見てみる

すごい、いいドラマですね!!いまさらっ

 

30代の女性ってこんな感じだよな~っていう。
自分も、ふくめてだし、確かにこういう子いそうだなぁ~っていう

 

私が、思ったことはとにかく自分の欲しいものを明確にすることだと思ったんですよね。

 

グサッときたのが

主人公が目の前で転んでも、手を差し出さない男性が

「もう、女の子じゃないんだから、自分で立ち上がりなよ」

っていう場面です。

 

しみじみと、そうだなぁ~と思いました。

困ったことがあったら、自分で行動して解決する年齢になってきたんだなぁということですね。
それってすごく大事なことだと思いました。

勇気をもらいました。

 

だから、助けてほしいときは
「手を貸してください」と言い相手に助けを求める交渉をすることなのかなって

 

自分を明確に

 

いまの自分のテーマです。

閉塞感か~ら~の~

6月7月と仕事なくてどうしよう・・・とか思ってたら、今いる会社から
2か月だけのお仕事をもらい!しかも週3回契約だから、次の仕事とも折り合いがつく!

 

決まっていた福祉の仕事は、管理者研修に行くことになり!

 

やーーー曇りが一気に抜けた感あります。

 

でも、やることも増え、どこまでいっても、大変は大変だけど
まぁいっかな!

どうしようもない閉塞感と

なんとなーく、閉塞感、行き詰まった感があります、

 

あんまり調子がよくないというか。

そういうときって、どうすることもできないときってありますよね。

 

もーお手上げだぁーみたいな。

 

ま、そんなときもあってもいいのかもしれない。

 

 

予定がどんどん変わっていってしまう、自分の都合だけでなく、相手の都合、全体的な都合、、、

と。

 

うまく行ってほしいような、ほしくないような

変な感じ。

 

2ヶ月くらいの空白期間が生まれて、何をしようかなと考え中。

 

 

また、リゾバに行ってもいいような気もするし、でもそれは違うような気もするし

 

 

勉強する時間にすればいい気もするけど

じゃあ、生活費はどうするのか?とかあるし。

 

お金のためだけに働くのってすごく大変だし

 

もんもんとして、やな感じです。

仕事がいやになったから

去年の12月から始めた仕事に、自分自身が嫌な気持ちしか持っていけないことに気がついたので

辞めはしないけど
別の仕事を並行してすることにしました。

昨日、面接にいったら、無事に受かって~

5月だけの短期のようですが、それでも少し気持ちを変えられるだけ違います!

 

仕事は、嫌になったときが辞め時というのは、去年1年間苦しい思いをして感じたこと。

全身、湿疹が出るまで続けることはなにもない。

 

特に、アルバイトや派遣など期限が決まっていて、誰にとって代わっても同じ仕事をする仕事ならなおさら。

 

短期間でやめちゃうのは、根性がないからみたいな根性論も嫌いではないですが
世の中に、いくつの会社があると思って・・・星の数ほどある職場の中から、たまたま輝いて見えたひとつに近づいただけで

合う合わないっていうのは、試してみないとわからないし

 

お金を稼ぐためだけに仕事をしはじめたら、見直しする。

 

マイルール☆

最近は毎日、勉強

勉強する1年になりそうな予感を感じたまま

 

kiiko.hateblo.jp

 そのまま、毎日つくえに向かって1~2時間くらいですかね。

韓国語の単語と、社会福祉士の問題をひたすらやってます。

この調子でやっていって、合格しなかったら本当に、あたしはなんか気がおかしくなるかもしれないですけど

それはそれでいいかなと。

勉強って思ってるより、大変だし
思ってるより、やりこまないといけない作業ですよね。

なんでもそうですよね、こつこつと作業です。

その作業の日々の向こうに、なんかあると

 

いいな!!!

今年は、勉強する1年になりそう・・・

なぜか、いまごろ
韓国語勉強熱が復活し、ハングル検定5級を6月に受けるべく、毎日短時間でも、韓国語の単語を頭に入れてます!!!

それから、いろいろ、受けるの嫌がってた福祉の仕事関係の資格とかも
もう一回挑戦してみようかなという気持ちになりました。

なぜなら、一分でも、一秒でもはやく
地方に移住したいから!!!!!!!!

 

そんな理由です。
仕事って大事です。私は、福祉の仕事をすると決めたからには、それなりの経験と知識で移住したいじゃないですか。べつにやる気があればなんでもいいと思うんですけど


やっぱり、不便なところでは、試験会場が県内になかったりします。そうするとすごく大変ですが、東京なら
家の近くの試験場を選ぶことが可能です。

今のところ、3年で移住しようと計画していますが
私のスローガンは

3年を1年に!!!

という意味の分かんない計画になっております。

 

地道に、コツコツとやるのはとても苦手です。
一気に、ブワッとやるのは、すごく好きなんですけどね

 

本当はいますぐ駆け出したいのに
忍耐強く、土台を作っていこうと思ったことなんてほとんどないので
割とやる気です。

 

なにより、4年前に後悔したあの日のことを思い出すことがなくなっただけでも
やっと、進んでるんじゃないのか?

 

時間って物理的に進んでも
こころは、止まってるときってつらかったな

 

そういうのがわかるから、やる気になったのかもしれません。

いつまで続くのか、これからいったいどうなるのか
たのしみです。

心の底から、ただいま

やっと、ただいまと言える自分になれました。

大好きだった、福祉の仕事に4年ぶりに戻ることに決めました。

4年前に辞めた時、本当にすごく後悔して、その後悔を忘れたことってたぶんなかったと思う。
けど、当時は燃え尽きてしまって、職場を変えてパートタイムで働いても、強烈な眠気が襲ってきて福祉の仕事を続けられなかった。

 

福祉の仕事を辞めたときから

 

じゃあ何しよう?

 

人に関わることが好きだからと、サービス業や人事事務、どれもそれぞれに面白みは感じたけど、
何か違った。

 

次は10年続けられる仕事がしたい

そう思ってたから

 

生まれ育った東京も離れた、広島の海と夕日のきれいな島、岐阜の奥深い山まで探しに行った。かねてから、あこがれてた京都にも滞在した。

それでも見つからなかった。

 

まぁ、それもいいかなと思ってた。

 

けど、実家に戻って、人に会ったりしてるうちに
急に仕事が舞い込んできて

それは福祉の仕事だった。

最初は、絶対に戻らないと決めたはずだから、戻るのは自分を裏切ることになる、とか葛藤してた。
けどお金のために仕方がないかもしれないという気持ちだった。

 

でもちがった

 

福祉の仕事に戻ろうって決めたとき
涙があふれて、やっと戻ってこれたって気持ちになった。

 

10年続けられる仕事を探してた
あたしは福祉の仕事を5年やった。

折り返しあと5年だった。

 

長かった。ここまでくるのが、長かった。
本当に長かった。

 

でも、戻ってきた。

今度こそ、普通に働いて、誰もが地域で普通に生活できる支援をしていきたい。

今度こそ、ふつうの一日を大切にする支援員になりたい。

 

 

もちろん、不安もある。あたし、続けられるのかな?

やってみないことにはそれはわからないし、やってみたらまた違う想いを持つかもしれない。

いま、やりたいことをやる、それでいいかな



苦しんで、もがいてみてよかった。 

 

ただいま、

 

心の底から

 

おかえり

 

そう言えた、やっと