フツウのふ

ふふふぎふ

英語の必要性!!!

高山に移住して、いちばん困ってることが

「英語」です。

街中でも平気で英語で声を掛けられ、みちを聞かれたり
コインランドリーでは、使い方を聞かれたり

もちろん、仕事では
Why can't you speak English??!!! と責めたれられたこともございます。

ええ。誠に申し訳ございません

大反省。

そして、すごいめげます。本当に聞き取れないとき
あと、言葉が出てこないときです。

なので、そろそろ覚悟をきめて英語の勉強をしたほうがいいのではないか
という結論にいたってますね、はは。

もうやだあってなることもたくさんあるんだけど、拙いなりに伝えようとか答えようとかしてるんだけどね。

本当に、申し訳ございません。陳謝

 

ということで、すごい英語の必要性を感じています。

ネットの英会話にしようかな?

 

新築の家に住んだのは人生ではじめて!

実は、移住したアパートは新築なんです。
人生で、ものごころついてから新築に住んだことがなかったのですっごいうれしいです。

会社で用意してもらった家なので、家具と家電もついていて
ほんとうにありがたい環境に今いるなあって思ってます。

だから、仕事はすこしつらくても耐えられるというか
まあ生活のためというか笑

近くには、古い町並みのなかなので、世界遺産のお祭りをする神社があったり、
きれいな川が流れていたり、とても静かで周辺の環境も満足してます。

夜は程よく暗くて。

あと、トイレと風呂別で

洗面台があるのがお気に入りポイント!!!!
つぎに一人暮らしをするときは洗面台がある家に暮らしたいなとずっと思っていたので

すべてがあたらしい感じ気に入ってます。

 

でも、わたしは

古民家に住みたいです。

 

 

あの時わからなかったこと

2年前旅館で働いていた時に、仲居をしてました。
そのとき、予約さんがめちゃくちゃこわかったんです。

でも、今ホテルのフロント勤務で、予約も受けたり部屋を割り振ったりするようになって、この仕事、すごいストレス!!!
フロントでお客様の予約がなかったり、間違っていたりするとすごい時間も労力もかかりますし、お客様都合であったとしても不穏な空気がながれます。

予約って仕事と、仲居って仕事の大変さは全然違います。
でも予約はお金も関係するし、とにかく調整することが多い仕事です。ミスすると全部に降りかかってきます。

仲居は、正直いらしたお客様をおもてなしするという仕事です。
でもマニュアルがあってその通りにしていればとりあえず合格というラインがありますね。

今思えば、仲居のほうがずっと楽だなと(笑)

そういう意味で、今回ホテルを経験して
予約の仕事の大変さが身に染みてわかるようになりました。

移住についてまとめたい

なんとなく移住についてまとめていきたい気持ちになったので
すこしずつかけるといいなと思って
noteのアカウントを作った!

twitterもアカウント作った。

結構しごともしたり、生活整えて行ったり
バッタバタだから、家ではゲームするか、ゲーム見てるだけの生活なんだけど
少しずつ、なんか別のこともしていきたいなって

やっと思いました。

走りながら考えてたら

立ち止まる暇なくなってた!!!
ブログで少し振り返りたいです。

 

kiiko.hateblo.jp

 

とにかく、きて1ヶ月経ちました。
ここまできて、慣れてきたのに、引っ越しとなりまして

まぁ、念願の一人暮らしだからうれしいんですけれど
でも、私としては結構突然で、環境の変化がありすぎて
正直つらいです。

 

そして、部署も異動します。
変化というものは重なるときは重なるってことですね。

なので、走りながら考えるどころか、ずっと走り続けてるけど
これ、いったいどこで止まるの?!!って感じでした、はい。

 

はやく落ち着けるようになりたいですね。