読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フツウのふ女子

東京30年、普通のふ女子が好きなことをして生きたらどうなるか人生サンプル公開ブログ

東京へ帰ります。

こんにちは!
どこにでもいるフツウのふ女子、きぃこです。
東京育ちありふれた around thirty 満ち足りない日常から離れて、2016年去年から広島の島、岐阜県下呂温泉、と移動して、
現在は岐阜県奥飛騨温泉郷でリゾートバイト中です。

 

★髪の毛をショートにしたら、2000万円借金しよう

そういう覚悟ができるんじゃないのかなと思っていました。
実際に、切ってみたら、そんな覚悟決まるわけないです。

けど、私は借金はいい方法だと思います。
将来いくら必要かわからない金額を貯金して、いつそれを使うのか?
それよりも、先に借りて返すだけです。返す額も決まっています。

その金額に向かって、必死に体を動かすことは、わからない目標を追ってやみくもに貯金をすることとは違います。

そういう風に考えられるようになりました。

 

★本当は東京へ帰りたくありません

東京へ帰ったら、自分の本来向き合わなくてはいけない課題に、向き合わなくてはいけなくなります。
そう感じるし、それから逃げたい自分も感じます。

 

このじんせいの過去も、未来も、つながってしまいます。

 

知らない土地では、過去は、断ち切られていて、未来も浅いものになります。

どこの馬の骨だかわからないやつがきて、どうせ、どこかに行っちゃうでしょ

 

田舎にはそれでも突き放すわけではない、優しさがあります。

 

★母は言う

「もう一度、東京に来たら違うように見えるかもしれないよ」

 

そう、言われて、決めました。

 

越えられないさみしい夜に、
1人で、もう、生きていけない

 

そう泣き言を漏らしたとき、東京へ帰っておいでと言ってくれました。

 

実家へ帰ります。
11月4日、契約終了まで1ヶ月半

 

しばらくは実家に居候予定です。

東京で会いたい人がたくさんいます。

 

そして、まだこの岐阜県でやりたいこともあります。

 

★過去と未来が いま とつながっていく

そんな予感がします。