フツウのふ女子

東京32年、普通のふ女子が好きなことをして生きたらどうなるか人生サンプル公開ブログ

なぜ韓国留学なのか

韓国に興味をもった「きっかけ」は韓国ドラマです。

 
ちょいと急に込み入った話になりますが
2012年の梅雨明けごろに、体調を崩してしまい仕事を休み自宅で休養していたんですがそれでも復帰できず、その夏に4年2ヶ月勤めた福祉施設での生活支援員の仕事を退職しました。
退職金を頂けることになったので、退職後は回復に向けて少しのんびりすることに。
 
そんなある日ガラケーからスマホに切り替え、dTVの前身、dビデオのサービスに加入。
その頃は、DOCOMOに今のようなデータ制限がなく
速度制限だけで動画が観られましたので
 
とにかく、1日中
韓国ドラマを観ていたんです。10時間とか平気で
 
最初に観たのは
 
とても有名な

コーヒープリンス1号店 コンプリートDVD-BOX
ユン・ウネ演じる正真正銘女の子「コ・ウンチャン」が貧乏一家を支える大黒柱として、コン・ユが「社長」役でオープンさせたコーヒー店で
"男性"として働くことになるんです!そして、社長は、おれはもしや男が好きなんじゃ・・・とウンチャンに心が動いていくんですね。
さわやかで、何度見ても楽しいラブコメ

 
そして
 
「宮ークンー」です。

宮~Love in Palace DVD-BOX (韓流10周年特別企画DVD-BOX/シンプルBOXシリーズ)
同じく、ヒロイン役はユン・ウネ 。もし、韓国に天皇制があったとしたら・・・・?普通の家に育った女子高生が、先代の約束で天皇家に嫁いでいくというシンデレラストーリーではなく、しきたりや伝統、家族が結構ドロドロしていて、おっとっと!ハラハラする物語です。
とにかく、ファッションや置物にいたる細部までこっているので、その辺も何度見てもおしゃれな気分になれます!

なぜそれかというと、2004年にあった空前の韓流ブーム「冬のソナタ」からは
地上波でかなりの韓国ドラマが放映されていました。
 
大学時代に、数話みて
ドキドキしたのが
 
この2つだったんですね!
時間があるし、この機会にじっくり観てみよう!
 
 
そんなこんなで、私はすっかり韓国ドラマにハマっていくわけです!
 
でも、3年前のこのときは韓国留学しようとか、ワーホリなんて意識したこともなく
日本の外にはでないからパスポートをとることは一生ないなぁと思っていたんです。